2010年05月29日

運命背負い今旅立つ

original.jpg
多くの人の命を救うために、宇宙の彼方イスカンダルまで行ってきます。
「必ずここへ戻ってくる」わーい(嬉しい顔)

posted by さわ at 11:42| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

徐福の謎はエンドレス

中国人の友人「日本人って中国人の末裔なんだよ。秦の時代に徐福という人が5000人の中国人の男女を日本に連れてったんだって。」

さわ「それじゃあさ、なんで日本人って中国語しゃべらず日本語をしゃべるんだろうね? 日本語っていう言語はいったいどういう人達がもたらしたんだろうね?」

中国人の友人「でも日本語って漢字使うじゃないか!」

さわ「ピン音を使ったら中国人は欧州人? 使われてる文字じゃなくて、言葉のことを言ってるのだよ、なんでは中国語族ではなく、アルタイ語に近い文法の言語を話すんだろうね? だって5000人は中国語話してたんでしょ?」

中国人の友人「・・・多分征服されたんじゃないかな? アルタイ語
を話す侵入者に」

さわ「だったら5000人の末裔ではなく、侵入者達の末裔ってことにならないか?」

中国人の友人「でも何で日本人は中国人に似てるんだ?」

さわ「それをいうなら中国人が日本人に似てるんだよ」

中国人の友人「違うよ、日本人って中国人の末裔なんだよ。秦の時代に徐福という人が5000人の中国人の男女を日本に連れてったんだって。」

。。。。。繰り返す。。。。。。。。。








posted by さわ at 13:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鶏肉

マンリー社に発注した製品を検品すべくチョンブーへ向かう車の中での会話。

リュウ「ちょうどお昼だから工場に行く前に食事しましょうか?」
さわ「そうしましょう」
リュウ「何食べます?」
運転手「途中に地鶏専門店がある、そこ美味しいですよ」
リュウ「さわさん、痛風だけど鶏大丈夫ですか?」
さわ「まあ、少しなら大丈夫だよ」

さあ、ここから変なの出てくるよ〜
助手席に座っていた検品員のとっつぁんぼうやがこんなことを言った。
ぼうや「日本人は一般的に鶏肉は食べないんだよ」
リュウ「そうなのか?」
ぼうや「うん、食べるとすればドゥンタン(煮込みスープ)としてだけだね。日本人はやはり牛肉と豚肉が主体だから」

さわ「いや、違うよ。日本のどこのスーパーでも鶏・牛・豚は必ず売ってるよ。それに一般家庭でも鶏の照り焼きとか唐揚げなんかはよく食べるし、飲み屋の定番料理焼き鳥ってのもあるよ。またその内臓系も食べるよ。
お昼なんかは親子丼なんていって、鶏肉を卵でとじる料理も有名だよ。
KFCも私が子供のころからオープンしてたよ。煮込みスープ?
鶏の出汁とういのなら分かるが、煮込みスープとしてだけってのは違うな。鶏の出汁が効いた鍋はあるだろうな。それからチキンラーメンっていう商品があって、これは中国のラストエンペラーが死ぬ直前に「チキンラーメンが食べたい」なんて言ったらしいよ。
江戸時代までは四足動物はあまり食べなかったけど、鶏・鴨・キジなどはよく食べられていたよ。卵も日本人と中国人は一日平均2個も食べるらしいが、これは世界的に稀なんだよ。まあ、典型的とうか伝統的な日本料理に鶏は少なく、やはり西洋料理か中華料理としての使われ、日本料理化した食べ物ってのは多いけど、でもそう言ったら牛も豚も同じことだね、とにかく鶏肉ってのは日本人はよく食べる方だよ」

ぼうや「・・・・・・・・ふらふら



posted by さわ at 11:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。