2010年05月27日

アモイ

「中国のアモイに住んでるんですよ、中国のアモイ」
「・・・なに? 中学が青森?」
14-1m.jpg
「ちげ〜よ! アモイだよアモイ」
「モアイとは関係ないの?」
sam041.jpg
「関係ねえよ! チャイナのアモイだよ、福建省」
「ああ、あの香港の隣のカジノとかあるところ?」
FUBY1076_l.jpg
「そりゃマカオだよ、ちょっと近づいたけど、ちげ〜よ、アモイっていうところだよ、台北と香港と上海わかる? それを線で繋ぐとそのトライアングルにはいってるところだよ」

ちょっと極端に書いたけど、たまにアモイが分からない人からこんな間違いをされます。アモイはまだマイナーだな。

posted by さわ at 01:00| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシー乗車マナー

Aishwarya-Rai-41-small.jpg
中山病院に健康診断の結果を取りに行った。
門の前でタクシーは停まり、運賃を払っているとき、サリーを着たインド人のお嬢さん二人が乗りたいらしく外に立っている。
お釣りをもらい、タクシーから出ると、その二人は乗車した。
ちょっと感心した。
・・・・・なんだか分かりますか?

普通アモイでは中国人なら、前の客がお金を払っている時点で次に乗りたい客は乗ってしまうのだ。外でもじもじ待っていると、運転手自ら「乗れよ」と乗車を促すこともある。

これは習慣の違いだろうが、やはりマナーとして、前の乗客が降りるまでは乗らないよね。
posted by さわ at 00:07| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

視野20度しかない男

ベストウエスタンホテルに泊まった。
朝飯を食べに1階に降りようとエレベータを待つ。
エレベータのドアが開く、中に30歳ほどのとっつぁん坊やが締まるボタンを押した。連れらしい女性がボタン側、とっつぁん坊やはその逆から体を腕を伸ばして押したのだ、私の姿は視界から外れてはいないはず。開いた途端押す馬鹿がいるか♯!
そこで瞬時に嫌味な作戦を考えた。

中に入るタイミングをれ0.7秒遅らせることにより、私の肩は閉じる扉に当たる。そう、わざと当ってやろうと考えた。

作戦は見事成功。ガタンっ!
「何閉めてんだお前?」
「対不起、対不起がく〜(落胆した顔)」中の二人平謝り。
posted by さわ at 13:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。