2010年05月08日

安倍ちゃん帰任

4月25日
この日はすごかった。
16人ものメンバーが結集。
ピンドル史上初めてではないかというほどの集まりだった。
それもこの日は事実上ピンドルのナンバーワンプレイヤー安倍ちゃんが
仕事の都合で帰任することになった。
普通のリーグ戦期間中ではあるが、安倍ちゃんのお別れ試合でもあった。
安倍ちゃんはこの日は攻守ともに大活躍をみせた。

また、打撃コーチの田川専務(40)がたまたま日本からやってきていて、初参加してくれた。彼は東洋大学野球部でレギュラーキャッチャーをつとめたことがある。今明かすが、彼はこの日誕生日だった。
珍(?)プレー
大量得点差で勝っていた。
アモイ大学パート2チームの女性選手(ほぼ素人)がピッチャーゴロ、それをヤタキングはグラブではじき返し、ボールはショート(だったっけ?)に飛んでいく。それをファーストの田川専務に送球、余裕でセーフだったはずだが、彼女はファーストベースを目の前にしてこけてしまった。
田川専務ボールを捕りアウト!
なんで、セーフにしてやらないんだ。
ちなみにイヂロー選手は2打数2安打でした。

ということで、2次会は台湾タイガースのウーさんが経営しているヤンゴンガン台湾料理店で安倍ちゃんのさよならパーティー。

安倍ちゃん、ご苦労様でした。
P1030444.JPG
左:安倍ちゃん 右:ウーさん
posted by さわ at 23:25| Comment(4) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飴と果物

大阪のおばちゃんは人との距離を縮めるときに常に持ち歩いているキャンディーを薦める。
その際このように言う。「飴ちゃんどない?」
新幹線で隣に座った人に「飴ちゃんどない?」
咳をしている人を見かけたら「飴ちゃんどない?」
もし、薦めた相手もキャンディーを持っていた場合は、
「うちも持ってきてん」と答える。
時にキャンディーではなくジュースをくれるおばちゃんも多々ある。
このキャンディーやジュースを薦めるというのは、親切心からくる行為である。


ミンナンのおばちゃんも(おばちゃんだけとは限らないが)共通点がある。キャンディーではなく、フルーツである。
「果物食べる?」という。
どんなに断っても、食べるまで薦める。
もし断りでもしたら、頼んでもいないのに皮を剥いてくれたり、切ったり、楊枝を挿したり、これでも食えないというのかというところまで攻めてくる。果物を食べれば皆健康になり、幸せになれると信じている。
これもやはり親切心からくるものなのである。


posted by さわ at 10:47| Comment(3) | おばちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。