2010年05月15日

ニュース速報

FCブログ『ワガリコン共和国』を騒がせた、変わり者ヒーロー野々島さんの画像が次回アップされます。

posted by さわ at 21:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイペース

センさんは昨月ルインよりお金を借りた。
それに対して感謝したいセンさんは電話でルインにいつかご馳走すると約束した。
それからまもなく私は痛風にかかってしまった。
ルインにご馳走すると決めたセンさんはひっきりなしに私とルインを食事に誘ってくる。
しかし、痛風の私はビールは飲めない、海鮮は食べられない、などの規制が多く、来月改めて食事会をしようといったが、センさんの中ではもう決め付けているので取り消し不能。
「アルコールが駄目なら飲まなければいいじゃないか」とまでいう。
飲まずにそんな食事会なんかいけるか。
いったい何のための感謝なんだ?
そもそもそのお金のでもとはルインではなく私なんだよ。

ルインは海鮮が好きだから、海鮮が駄目なら後日にしようというと、
「じゃあ、ブラジルバーベキューにしよう」という。
痛風なんだから、肉をしこたま食うようなところになぜ誘うんだ。
とにかくこの時期に食事に誘われるのは迷惑千番。
考えてみれば、金を借りたのも要はセンの都合ではないか、お礼で食事に誘うのもセンの都合ではないか、私は今は行きたくないと言っているではないか。奴は全て自分の都合で動いている。
何ひとりで盛り上がってるんだ、あいつは。本当にマイペースだ。
posted by さわ at 12:43| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

挑んでくるな!

イカレポンが「喜喜タバコ」を振舞っている中、お坊さんと尼さんのコラボでお経があげられた。

おかしいのはイカレポンだけじゃない。
お経がはじまったので、私はそばに立って合掌をはじめた。
そこへ、ペイジェン(リラックスの妹)がやって来て読み上げられてる経をのぞき込む。

5分、10分、20分・・・・・
時間は刻々と流れている、やがて退屈になり出て行きたくなったが、無礼かと思い、そのまま合掌状態。

するとペイジェンがなにやら
「ふもふも、ふもふも・・・・・」とつぶやきながらうなづいたり、納得したような表情をとったりしている。

突然、「な〜んだ、これは物語か」と言い切ると、お経が読み上げられている中突如、飛び出していった。

この行為を心理的に分析すれば、こういうことだ。
〈お経っていうのは物語なのだ、私は分析できた〉
自分は頭が良いので理解能力があるということを、私にアピっているのだ。別にこんなところでひけらかさなくてもいいではないか。

過去にこんなことがあった。
ペイジェンの家に遊びにいったとき、ペイジェンは≪CCTV芸術チャンネル≫を見ていた。それは世界各国のダンスパフォーマンスが紹介されている番組だった。
「私たちの家ではいつもこういう教養のある番組を見ているのよ」
まあ、ひけらかさなくてもいいのに、そして、こともあろうにこの私にテストしてきやがった。
「今やってるこの踊り知ってるかい?」とニンヤリしながら聞いてくる。
「フラメンコ、スペインの民族舞踊ですね」
「むむ、お主め、分かるのか?」
「分かりますよ、そのくらい」

しばらくすると、別のパフォーマンスが始まる。
「ふふ、これは分からないだろう?」
「・・・アイリッシュラインダンスじゃないの」
「やや、お主、なにゆえ?」
「この音楽と、この独特のステップはアイルランド舞踊だってわかりますよ」

ペイジェンはなにも分からない私にこくこくと説明をしようと狙っていたところ、答えちゃうもんで、くやしかったのだろう。
でも私一言いったよ。
「こんな世界的に有名な舞踊、日本に住んでいれば、いろんな情報が入ってたからフツーに分かるよ、田舎から来た中国人と違ってね」

以来、ペイジェンはことあるごとに知識の戦いを挑んでくる。
中途半端な知識人は薄気味悪くてしょうがねえ。P1020905.JPG

塩君の奥さんの故郷にはこんな訳の分からない人種はいないんだろうなあ。


posted by さわ at 01:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コペンハーゲンへ再び

ハルムスタッドから再びコペンハーゲンに戻ることになった。
昼はハルムスタッド駅でビールとハンバーガー。昼からビールを飲まなくてもいいのだが、ヨーロッパっていうところは、なぜかビールが飲みたくなっちゃう(やがて痛風になるとも知らずに)。
ハンバーガーがなかなかあがってこないので、あわや電車に乗り遅れるところだった。閉まる扉を無理やり開いて乗ったという事態。
しかし、それぞれの駅に改札が無いのは驚いた、チケットを買うと、車内で切符を係員が確認するだけ。
もし無賃乗車する人がいなければ、改札なんていらないんだな。
ここで、トモさんこんなこといってたな。
「改札でチェック、車内でまたチェック? チケットもないのに電車に乗る人なんているんですか? ってヨーロッパ人は不思議に思うんじゃないかな?」
合理性を考えればチェックは最小限にしたいというのだろう。
そんなトモさん、まともなこといいつつも・・・・・・
コペンハーゲン空港に向かう電車の中で、なんとトモさんはトモさん好みのリュージャオ系の女性を発見する。
P1030310.JPG
P1030309.JPG
はい、ポーズ!
posted by さわ at 01:07| Comment(0) | ヨーロッパ紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。