2010年07月12日

異民族交流

お昼ウイグル料理店で家族で食事をした。
6〜7人のお客(漢族)が入ってきて座った。
暫くメニューを見て、店員とやり取りをしていると思ったら
いきなり皆立ち上がって店から出て行った。
他のウイグル人の店員やオーナー達は、何が起きたのかと、
きょとんとして出て行くお客達を見ていた。
そのお客の中の一人がこう発した。
「やだ、食べられないや! 牛肉麺がよかったのにな」
多分、回族の西北(蘭州)ラーメン系と間違えたのだろう。
仕方ないとはいえ、お店の人たちがなんとなく可哀想にも思えた。
ところが、外に出て行った彼らの中の数人が、その店先で焼いて売ってる
ナンに興味をもったらしく何枚も買っていた。
ウイグル店員達も彼らと楽しそうに語り合っていた。
悪いと思って、ナンぐらいは買ってやろうという心ある人でも
いたのか、ただ単にナンがうまそうに見えたから買っているのかは
分からないが、そのやり取りの風景、どちらもいい笑顔をしていて、
なんとなくほっとした。
posted by さわ at 00:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。