2010年09月20日

さわ日本語学校 2

リュウ「我々中国人が日本語を勉強するときにもっとも大切なのはどんなことですか?」
さわ「(な、なんとファジーな質問)・・・たらーっ(汗)そ、それは、マインドだね」
リュウ「は?」
さわ「外国語というのは、ランゲッジとマインドがあるんだよ」
リュウ「・・・・・・」
さわ「いくら文法的に流暢に喋れたからといって、その国の色々なこと、その国の人達の考え方、習慣、喋り方などわからなければ、会話が出来ないと思うんだ」
リュウ&秋ちゃん「・・・・・・わかりません」
さわ「ちょっとトイレに行ってくる」

反省日誌inトイレ
これから留学するとか移り住む人にならこう言ってもいが、事務所の通訳レベルの人に大切さを伝えるのはやはり、ランゲッジの点でどうかと話すべきだったか。とにかく表現はもうちょっと簡単にいこう。
まあ、指導マニュアルも何もない中、よくやっているというか、訳わかれねえ。
それから英語もろくに解せない人に横文字をふんだんに使うのは避けよう。
posted by さわ at 17:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若返りのカレー

おや、今日のカレーうまくできたぞ!
っていうときありますよね?
それをほぼ安定してうまくできたぞ状態にする方法があります。

普段のカレーにちょっとひと手間加えるだけです。
それは、ニンジンをすりおろしてしまいます。
そして炒めて煮ます。

私の場合は、玉ねぎはみじん切りでよく炒める、ジャガイモはいれません。
ジャガイモは粉っぽいのでいれるとしてもすりおろしてはダメ、
澱粉ボヨンボヨンカレーになったことがあります。

後は牛でも豚でもチキンでもシーフードでもなんでもいいですね。
私は牛派ですが。肉の食感のみを満喫。一見シンプルなのが味噌。

このニンジン旨味エキスがルーに間違いなく溶け込んでいるのです。
ニンジンがの甘味は辛口を中辛に、中辛を甘口にまでしてしまいます。
ルルでも辛口カレーをたべてしまいました。

しかもニンジンには身体を老化させる活性化酸素を抑制するベータカロテンが
沢山含まれています。




posted by さわ at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。