2010年10月29日

人生初

glf0903220218011-p5.jpg
一昨日ゴルフで人生初のチップインバーディーがでた。
posted by さわ at 10:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

復活!怒りのスーパーサイヤ人

昨夜はルルの誕生日会で味一番に行った。
参加者:ルイン・リラックス・ホエバ・イカレポン・ジョリン・トンチンカンそしてルルと私でした。
しかし今回はマロンフィールドさんと卑弥呼さんがゲストで参加しました。
こうなるとおしゃべりは日本人同士となり、家族はほぼ無視状態。

後でルインがちょっと寂しいんじゃないの、日本人とばっかりおしゃべりしては。

キタ━━ヾ(゚∇゚*)ノ━━ッ

image.jpg
では、言わせてもらおう。
前回湖北料理の時、夏の旅行に関して面白かったこと・失敗したことなどを話そうと思い、話題を振ったら、誰も反応なしでしたね。それどころかホエバには「なんでもう終わった北京旅行の話にこだわるの?」などと阻止されてしまった。
いつも、そうではないか、興味の無いことに関しては、無視してくるじゃないか。
しかもミンナン語でばかり会話されてみろ、私はいつもととり残されているではないか、
金の話だけ、北京語で私に話しかけてくるのもイライラする。
昨日だって、中国でも有名になった曲の作曲者がマロンさんと知り合いのようだから、歌まで歌って
吉幾三の話題を持ち出したとき、全員無視! あなたルインさんは「はあ、はあ」以上!
こんなんで私とどう会話したいのだ?
はっきり言わせてもらおう!下らねえテメエらの小経済学の話題ばかりでは、私は満足できないから、日本人はもっとロマンチックだから呼んだんだよ。
ホストである私にいちいち文句つけるな!

posted by さわ at 18:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本格派伝統ピザ

P1030956.JPG
私の家の隣の嘉益大廈(大桶水のビル)にいつの間にやらイタリア料理店がオープンしています。
中国語でイタリアンレストラン、イタリア語でPizza & Caffeと書いてあるだけで、なんかぱっとした店の名前はないようです。
P1030953.JPG
このお店の特徴といえば、写真の通り、ナポリ出身のイタリア人Luca Naniaさんというピザ職人がパン生地を大きく引き伸ばす作業からピザ焼きまでやってくれます。いたりあ・つくせりです。
それにもうこのルカさんの隣あるのは本物のピザ焼き竈です。
「ピザはナポリが発祥の地なんだ」と自慢気に話してくれました。
P1030957.JPG
ちなみにこれは唐辛子とサラミのピザ


さて、肝心なお味の方はと申しますと、今回で3回目なんですが、実はこのピザ最初は美味しいとは思わなかった。具とかがあんまり乗ってなくて、パン自体がすごく素朴、インドのナンみたいなんです。私はピザーラとかドミノピザとかPIZZA HUTのようなアメリカンナイズされたピザを基準に考えているから、なんかものたりないという感じでした。
でも、2回3回と食べるごとにこの伝統的なピザを美味しいと感じるようになりました。
そうです、素朴だからこそなぜか飽きがこないというか、また食べてみようという気がします。
特にこのパンですね。ちょっと塩味がきいたこのナンのような味。竈で焼かれることにより焦げ目がつき、しかもイタリアから取り寄せたというウッドチップ?まあ要はおがくずを投げいれながら香ばしい香りをつけながら焼くんですね。いつかワインでも飲みながらナポリ料理でも食べましょう。
是非お試しください。

出前専用電話:55531518





posted by さわ at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。