2010年10月23日

使い道

P1030942.JPG
日本から持ってきたのだが、何に使えばいいのか使い道に困っている。

BY周守徳
posted by さわ at 16:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リトルカメラマン

工場に持っていくのを忘れたセンさんにデジカメを貸した。
編集するためにそのカメラを自宅に持っていった。

あくる日返してもらったデジカメを次項有再生してみると、センさんの奥さんが映っている。

机に肘をのせて疲れた顔で手に顔を乗せている横顔の写真、顔は花に隠れてしまっている奥さんの体だけの写真。

なんだこれは、下手くそな撮り方だな。

そして最後の一枚は、椅子に座っている奥さんのスカートの中のパンティーを激写、生生しい下半身のみの写真。。。。って、ええ加減にせえや!

これは明らかに4歳になるセンさんの息子の仕業だ。

それを次に日センさんに報告。
怒ったセンさんは息子を相当叱ったという。

機会があって、センさんとセン奥さんと食事をすることがあり、その話が出た(出すか?)。
しかし、奥さんは恥ずかしがることもなく、息子のいたずらのことにだけに意識を注いでいる。

会話の端々からうかがえるのは、どうやら全くと言っていいほど恥ずかしがっていないのである。
まるで親戚、いや兄弟同様と思われているかのようだ。
私はセンの息子にカメラを渡し「ワンモアトライ?」というギャグが成立しないではないか。
なんとなく、心が痛くなった。





posted by さわ at 16:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食え食え

toriasi.jpg
今日はセンさんと会社の近くの飲茶でランチ。
センさんは鶏足、大根もち、麺線糊、豆腐ステーキなどを注文。
どれも私はあえて頼まないものばかり。
私はエビ餃子、広東焼きそば、シュウマイなどを注文。
飲茶も中国料理の一種なので、個人個人で注文し個人個人で食べるのではなく、
好き勝手につまんでいいのだが。どうも好みが合ってない。
特に鶏足が最初に出てきたので、食べろ食べろとうるさい。
「僕は別に好きではないから食べない」というと、
「食べろ食べろ、なんでだ? 美味しいじゃないか」としつこい。

あまりにもしつこいので、ついに言ってしまった。
先週イタリア料理店でスパゲティーミートソースを頼んでおいて、
半分も残したのはなぜだ?
食べ物なんてのは、絶対性のまずさ以外に、相対性、すなわち口に合わない、慣れてないから
食べないっていうことだってあるだろう。

すると、今度は大根もちを指差し、じゃあこっちを食べろ、食べろと迫ってくる。
だから、うるさいって言ってんだよ。
2か月前、茨城のレストランで、デザートのくずもち一口も口付けなかっただろ?

とにかく、もういいから、自分で頼んだものをまず片付けようぜ。

posted by さわ at 00:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。