2010年12月18日

日式バー経営の悩み

lrg_10138677.jpg

lrg_10165530.jpg

私のお気に入りの女の子が次から次へと辞めていく日式バー。
なんでそうなるのか? 
とある日式バーの経営者に会って取材してきました。
月給2500元〜3000元程度、7時から夜中1時ごろまで働く20代前半の女の子たち。
昼間は仕事をしている人も多い。昼の仕事だけではお金が足りないらしく、夜の水商売に軽い
気持でアルバイトをする。
お客(主に日本人)に気に入られると、出勤前にお客と食事してそのお客を引っ張ってくるいわゆる同伴もする。
ところがお客の中には、彼女らの収入を知り、もっとお金をちらつかせ、彼女らの心を揺さぶる。
俺と付き合えば、月々数千元やる、こんな店辞めて俺の女になれ、いわゆる囲いです。
そうすると純粋な中国人娘は金持ちの彼氏ができたと信じ、店を離れてしまう人もいる。
人気があれば人気があるほど退社率も高い。
ところが数回遊ばれて、その女の子らは行き場を失い途方に暮れるというパターン。
前の店には戻りずらいので、また別の店で復活するということも多々あり。
しかし本当にスポンサーをつかみ、実際にお店経営する女の子も出現する。

KTVと呼ばれる台湾式キャバクラに比べれば、明らかに格安の値段で酒を飲める日式バー。
女の子の心情としても、安い給料で酒に酔った日本人に体を触られるのは割に合わないという。

経営者としてはアルバイトの女性たちに悪い道に入り込まないようにと啓蒙はしているのだが、
それでも男と女、外でどこで会って何をするかまでは管理できないという。

ほぼ被害者となった女の子の中には、売春あっせんされたと警察に通報する子まで現れる。
一見お客でにぎわって、金儲けしているような日式バーでも、やはり悩みは沢山あるのだ。
そんなに付き合いたければ、結婚するつもりで付き合ったらどうなの、と経営者は皮肉めいた苦情を言い放った。

そこで、日式バーの正しい遊び方十カ条
1.同伴しても食事だけにする(ショッピング・ホテルはダメ)
2.援助交際してはならない。
3.店外はもちろん、店内でも女の子の体は触らない。
4.失くしては困るような物(高価な物)は店内には持ち込まない。
5.猥褻な会話や行動は慎む。
6.チップや小遣いを渡してはならない。
7.女性を侮辱するようなことを言ってはならない。
8.引き抜きは厳禁。
9.給料や経済力の格差の話は避ける。
10.政治・宗教などややこしいの話題は避ける。

私も気をつけます。







posted by さわ at 15:42| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

ブロードウェー

P1040006.JPG
P1030998.JPG
ザッツニューヨークって感じのところですね。
ブロードウェーってところは、私もここで夜ミュージカルを観賞しました。
全く関係ありませんが、以前見たテレビ番組で人類滅亡1000年後の世界というのをやっていて、
ここいら辺は、人類滅亡1000年後は『続きを読む』のような景色になってしまうんだってね。

続きを読む
posted by さわ at 12:25| Comment(0) | ニューヨーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

倭志魏人伝

倭式バー島には、元々、桜やら華を崇拝する桜国や華国が存在した。
そこへ大陸から渡って来た娯国・そして娯楽国と連合を結ぶプレ国がこの島を牛耳っていた。
彼女はカラオケをこよなく愛する民族、唐(カラ)の国から渡って来た。

その大集団国家から一人の女性が立ち上がった。その名も女帝茉莉花である。
彼女は娯国とプレ国の猛攻をかわしながらも、ハニ国を成立させる。
お化けしか生息しないと言われた翔鷺の里にどうどうと国家を構える女帝茉莉花は光って見えた。

ほぼ同時期に、宏都地域に邪馬台国が成立していた。
卑弥呼という女帝は姿を見せないまでも、そこには出雲の付近から倭式バー島へ渡って来たオオクニオカノミコトが百済系渡来人栗一番と手を組み積極的な人口増加政策を成功させていた。
この邪馬台国ではカラオケという祭祀を一切行わない民族であり、上述の唐族とは異なる。

娯国とプレ国で事件が起きた。
それは、嘗てそこから飛び出していった女帝茉莉花の後を追うように、御鬼・美沙姫、松山チチハルの三人が国家成立を企てていた。それをしったプレ国の女王青森那ノ巫女が彼女らを追放し、御鬼と美沙姫ははるか北方の国へと追いやられた。比較的罪が軽かったチチハルは一たび故郷へ逃げるも、再び倭式バー島へ戻る。

頭照大神澤はお気に入りのチチハルを失い、たまに女帝茉莉花を訪ねるものの、いかんせんお化けしか生息しないためハニ国との国交は遠のいていた。仕方なく娯国の幽美を囲っていたが、同郷の団十郎の陰謀により、幽美は姿をくらませてしまった。

よって、娯国のエロリンを残したまま、頭照大神澤は邪馬台国に侵入することになる。
しかし、その邪馬台国には、なんとすでに性徳太子どんが君臨していた。

※この最後の一行のために、頭使って前ふりしただけみなたいな・・・・頭使ったわりには、面白くないですね。まあいいか、楽しく飲めれば。











posted by さわ at 18:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。