2010年12月02日

エコバッグ

P1040188.JPG

WHOLE  FOODS market
ホールフーズ・マーケット(Whole Foods Market、NASDAQ: WFMI)は、テキサス州・オースティンを本拠とする、アメリカ合衆国のグロサリー・ストア(食料品スーパーマーケット)チェーンである。
アメリカ合衆国を中心に、カナダとイギリスを含めて、合計270店舗以上を展開(2007年9月現在)する。グルメ・フード、自然食品、オーガニック・フード、ベジタリアン・フード、輸入食品、各種ワイン、ユニークな冷凍食品も品揃えし、いわゆる「グルメ・スーパーマーケット」と呼ばれる比較的高級志向の食料品小売店に分類されている。


マコトウさんがホールフーズマーケット(マンハッタン店)なるお店を紹介してくれた。
店を紹介したというより、ここで売られているエコバッグがいいお土産になるというのだ。
日本から来るモデルさん達はニューヨークに来るとここで買い物をして、エコバッグを喜んでお土産に持ち帰るという。
そこでエコバッグを買いました。
ひとつは、チケットの手配等でお世話になっている串勝さん。
もうひとつは、色々と付き合いのあるオーノーさんにプレゼントしました。



posted by さわ at 15:57| Comment(0) | ニューヨーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カレー 1

≪昼飯を食ひに下宿へ帰らうと思ったら、昨日のポンチ絵を描いた男が来て、おいおいと云ひながら、本郷の通りの淀見軒と云ふ所に引っ張って行って、ライスカレーを食はした。≫

无标题.bmp
 漱石の小説『三四郎』の一節で、大学に入学してまだ間もない三四郎を世慣れた学生与次郎が連れ出し、近くでカレーライスを食べさせる場面である。
 『三四郎』が『朝日新聞』に連載されたのは明治41年のことであるから、今からおよそ100年前にすでに東京でカレーライスが食べられたわけである。
 当時のカレーライスはイギリス直輸入のハイカラな洋食で、値段も大変高かったらしいが(もりそば・かけそばが六銭だったときライスカレーは六〇銭だったという)、その後カレーライスはすっかり日本の生活に定着して、今では最もポピュラーで安価な料理のひとつとなり、食堂はおろか家庭でも極めて手軽に食べられる一品料理の代表格となっている。


つづく
posted by さわ at 11:12| Comment(0) | 食話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。