2011年10月28日

変な男 野々島「恩を忘れる」

日本の客からの問い合わせでABSという材料を使った製品を作りたいという。
ところがその材料はすでに中国にはない。

日本のお客が言うには、チトセヨネッチという会社ではできるというのだ。
そこでチトセヨネッチの野々島さんに聞いてみた。

野々島「ああ、あるよ、でもあんたには提供できないね、あんたの客はウチの競争相手だからね」
と言われてしまった。

今から遡ること数年前・・・・
野々島からの問い合わせで、ABS材をマンリー公司が独占していて、マンリーは売ってはくれるのだが、ABS材と抱き合わせで、ホワイトVBも同量仕入れなければならないという条件をつきつけられたという。
しかしチトセヨネッチとしては全く不要なホワイトVBを入れると、高いものについてしまう。
そこで、たまたまマンリー公司の社長と友達関係にある私に、ABS材だけを仕入れることができないかマンリー社長に相談してくれというのだ。
マンリーの日本のお得意さんであるカシノインノ社とチトセヨネッチはライバル関係にある。
だからこれは非常に難しい要求だった。
私はマンリーの社長を呼び出し食事に誘い、そこへ野々島さんも呼んだ。
そして事情を話したところ、マンリーの社長は二つ返事で承諾してくれた。
ABSのみをお売りしようではないかというのだ。
マンリーは困った時はお互い様だ、ということで的に塩を送ってくれた。


当然私はかつて助けたことを野々島に告げた。
ABS在庫には問題が多いからとか、苦し紛れの返答しかしなかったが、いずれにせよ
こいつは小さいと思った。こういうちいさい奴は世の中から排除されるべきだ。

posted by さわ at 18:27| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開封旅行【屋台村】

P1050092.JPG

P1050094.JPG

前の記事で、夜中の1時、屋台のラーメン屋がポツンと・・・・
書きましたが、もっと早い時間ならこんなに屋台があるのです。
ちょっとアモイにはないですね。
私は本当はこういうところで食事をしたいのだが、なんせ付き人がいると、思うようにいかず、
いろいろやっかいなことになってしまいました。

つづく
posted by さわ at 17:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう〜〜〜

お客さんからクレームリストの添付されたメールが届いた。
それを取引先の会社の担当者2名にメールを転送した。

そのうちの一人の担当者から電話があった。
「もう一人の方のパソコンでは開けるが、僕のパソコンでは開けないから、次回さわさんが
会社に来た時、プリントアウトして僕に下さいね」

私はこいつは馬鹿かと思う。
もう一人の方からもらえばいいだけの話ではないのか?

こういう人は沢山いる。
要するに、私が送信したために、この人は私に対して要求しているのだ。
しかし、ちょっと頭を使えば(使うとうほどのことでもないが)、私が会社に行かなくても
直ぐに入手できる方法があるだろうに。
社内でコミュニケーションをとろうとしない。いや、とれない。

お客がアモイに出張に来る時など、ある会社の社長から、そして部長から、そしてまた担当者さんから、またまた運転手さんからそれぞれ私に電話がかかる。
「お客さん何時にアモイに到着ですか?」と。
こいつらは同じ事務所にいるのに。

「オレ、アナ、ホル」
「オレ、オイカケル」
「オレ、マチブセスル」
「オレタチ、エモノ、ヤリデサス」
こういう原人でもやっていたであろうコミュニケーションすらできない中国人が非常に多い。

こいつらは多分皆で「ワーワーワー」と叫びながら獲物を追いかけるのだろうな。

posted by さわ at 00:25| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。