2010年05月11日

初日から鴨鍋

DSC_6825.jpg
伊吹おろしの吹きすさぶ事務所で川石さんから岐阜での生活の説明を受けた。
「国道に出るときはな、あっこの町とあっこの町は通ったらあかんでい、犬一匹でも轢いてみい、いくらぼったくられるか分かれへんでい、おみゃあさん東京モンはよう知らんと思うけど、ここはな、関ヶ原合戦跡の地なんでいろんなのがおるでい」

さてと、いよいよ仕事をするか、東京と茨城での経験をみせてやるぞ!
すると、無精ひげのおっさんが事務所にやって来た。
二羽の鴨(まだ生きてる)を持って入ってきた。

川石「おう、川瀬さん、どえりゃうまそうだぎゃ、よっしゃ、今日は鍋でもやろまい!」
川瀬「鴨鍋用のスープもつくてきたった」そういうとペットボトルにはいった茶色と黄土色のエマルジョンな液体をおもむろにカバンからとり出した。

川石「おう、川瀬さん、紹介するで。彼はさわっちゃんっていって、東京から来たアトラスの社員やで。仲ようしたってくれやなまあ。」

川瀬さんは笑ってるのか睨んでるのか分からない表情でじ〜〜っと
私を見てひとこと。
川瀬「鶏の首食ったことあるか?」
さわ「いや、ありません」
川瀬「てっ! 今度食わしたる。わしとつきあえるようなったら一人前やでい」
さあ「よろしくお願いします」 

そして川石さんは、彼の舎弟である大将石材の毛利さん(当時27)、ワンダフル石材のワンダー常務(当時30)、ブローカー台湾華僑リッチュウ(当時34)、サンケイ大理石のテッチャン(当時34)に連絡し集合をかける。

川石「おう、さわっちゃん、買い物に行こまいっ!」

なんだか、岐阜って不思議なところだ。
岐阜の田舎モンを名古屋人が仕切っているという構図なのか。
なんだか分からないが、こんなところで私は生きていけるのだろうか?
20050103215909.jpg

登場人物
川石さん:アトラス岐阜の営業マン。名古屋の港町で育った。
もともと愛光海運の社員だったが5年前からアトラスに入社した。なによりも海釣りが趣味の海男。子供のころから親分肌だったらしく仕切るのが好きだ。

川瀬さん:「通ってはいけない町」の出身の方。一ヶ月に一回は鴨を持ってやってくる。



posted by さわ at 12:44| Comment(0) | お仕事物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。