2010年10月25日

本格派伝統ピザ

P1030956.JPG
私の家の隣の嘉益大廈(大桶水のビル)にいつの間にやらイタリア料理店がオープンしています。
中国語でイタリアンレストラン、イタリア語でPizza & Caffeと書いてあるだけで、なんかぱっとした店の名前はないようです。
P1030953.JPG
このお店の特徴といえば、写真の通り、ナポリ出身のイタリア人Luca Naniaさんというピザ職人がパン生地を大きく引き伸ばす作業からピザ焼きまでやってくれます。いたりあ・つくせりです。
それにもうこのルカさんの隣あるのは本物のピザ焼き竈です。
「ピザはナポリが発祥の地なんだ」と自慢気に話してくれました。
P1030957.JPG
ちなみにこれは唐辛子とサラミのピザ


さて、肝心なお味の方はと申しますと、今回で3回目なんですが、実はこのピザ最初は美味しいとは思わなかった。具とかがあんまり乗ってなくて、パン自体がすごく素朴、インドのナンみたいなんです。私はピザーラとかドミノピザとかPIZZA HUTのようなアメリカンナイズされたピザを基準に考えているから、なんかものたりないという感じでした。
でも、2回3回と食べるごとにこの伝統的なピザを美味しいと感じるようになりました。
そうです、素朴だからこそなぜか飽きがこないというか、また食べてみようという気がします。
特にこのパンですね。ちょっと塩味がきいたこのナンのような味。竈で焼かれることにより焦げ目がつき、しかもイタリアから取り寄せたというウッドチップ?まあ要はおがくずを投げいれながら香ばしい香りをつけながら焼くんですね。いつかワインでも飲みながらナポリ料理でも食べましょう。
是非お試しください。

出前専用電話:55531518





posted by さわ at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。