2011年02月09日

さわ日本語講座開講即閉講

ルインと会話をしていると、ドイゾの話題となり、そしてドイゾ奥さんの話となった。

以前ドイゾ妻に≪日本人と結婚したなら日本語くらいしゃべれないとだめよ≫と説教されたという。
彼女の性格はさっぱりしているのだろうが、やはりストレートになんでもズバっと言われると、やはり人間、多少のむかつきを覚えるという話だった。

よっしゃ! 負けず嫌いの私は思い立ったようにドイゾ妻に勝つべく日本語をルインに徹底的に教えようと決心。ドイゾ妻なんか、こてんぱんに叩きのめしてやれ!やがては笛妻をも越えてやれ!

開講一日目
それでは始める。
カツカツカツ・・・・・
「ワタシ ハ ガッコウ ニ イキマス」
カツカツカツ・・・・・
「ええと、否定形は ワタシ ハ ガッコウ ニ イキマセン」
カツカツカツ・・・・・
「・・・・ちょっと、勉強のときくらい西瓜の種食べるのやめろ」
カツッ。

「日本語を話せるようになる、という事は日本の精神も同時に覚えるということだ。そうでなければ、日本語は話せない。ドイゾ妻のようにストレートな人はだめだと? じゃあ例えばホエバだ。ホエバはドイゾ妻の10倍ムカつくぞ。ホエバのようでは誰も話しかけてくなるぞ、精神からたたき直せ、精神から」

この後大口論となり、日本語教育どころではなくなった。。。。。。

閉講
 
posted by さわ at 14:41| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
西瓜の種を食べながら勉強してる奥さんと、精神論を語る
旦那さんの温度差がツボでしたwww

よっぽど興味がないとモチベーションが上がらないでしょうから、
ハマッてる戦国ドラマで日本語を勉強するとか?
”さわ殿、飯の支度ができたでござる”とか?w
Posted by 謝謝P at 2011年02月09日 21:30
>謝謝Pさま
ルイン「これ、そこのお手伝い、早う殿のゆうげをつくらぬか。鷺姫?如何なされたのじゃ、お口に合いませぬか、これ、そこのお手伝い、このようなまずき物をこしらえるとは、不届き千万!」
さわ「奥方さま、恐れながら申し上げまする、そちはなにゆえ、なにもせぬのじゃ?」

Posted by さわ at 2011年02月10日 01:55
すいません〜〜
妻の一言が原因で
夫婦喧嘩にまでさせてしまって。

たしかに、講義中に
瓜子をカリカリさせられたら
イラってきちゃいますよね。
Posted by ドイゾ at 2011年02月12日 12:14
>ドイゾさま
いやいや、別にあやまらんでも。
とにもかくにもホエバが悪い。
Posted by さわ in japan at 2011年02月15日 00:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。