2011年11月03日

開封旅行【貧乏人と旅行するもんじゃない 1】

お昼、四川火鍋を食べた。
メニューには鍋の出汁の種類、鍋の具、涼菜が書いてある。
一緒に行ったインさんはメニューを私に見せて、好きな料理のチェック欄にチェックして下さいという。
涼菜(冷たい小料理)
キュウリのピリ辛和え ○
鶏肉のラー油和え   ○
クラゲの四川風味   ○

こんなもんでいいか・・・・
イン「もっと、選んでください」
さわ「・・・じゃあ、後、ダイコンの辛漬、これでいいか」
イン「これだけでいいのか? もっと選んで、香菜のせ牛モツ紅油、味付け細切りポテトなんてどう?」
さわ「・・・土地が変われば、習慣もかわるのかな、こんなに涼菜を選ぶのか?」
インさん無反応。

インさんは店員にメーニューを渡す。
すると、店員は「鍋に入れる具にチェックしないのですか?」

イン???????????

さわ「インさん、もしかして涼菜と具勘違いしてないか? こんないっぱい涼菜なんかいらないよ」

そう、このインさんは鍋料理屋に行ったことがないから分からないのです。
涼菜は冷たい、冷たいから鍋に入れ加熱すると思い込んでいたのです。
貧乏な中国人は鍋というのは家で食べるもので、敢えて外食などしないから、さっぱりわかっていないのです。





posted by さわ at 18:15| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あるある、こう言う話って。
「なに言うとりまんねん!先生、大丈夫?」って親切な社員は良く聞いてくれます。カラオケのおねえ様もそうです。
飛行機に乗るときも、新幹線に乗るときも、高級店で料理を注文するときも。でも、たいていの場合、私の方が良く知っているのだな。
中国に来てから知らないことがあっても殆ど気にしなくなりました。なぜって、中国人も初経験な場合が多く、彼らは、自分が正しいと思って、自分の方法で堂々と突き進むのを見たからです。GOING MAY WAY is the Best way!
Posted by なに言うとりまんねん! at 2011年11月04日 07:57
>なに様
共感していただけましたか。
まだまだ続きます【貧乏人と旅行するもんじゃない】シリーズ!
Posted by さわ at 2011年11月04日 08:26
シリーズもん、きたいしてまっせぇ!
Posted by なに言うとりまんねん! at 2011年11月06日 06:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。